ユーエスディ株式会社
HOME > 製品紹介 主力製品展開例
USDを選ぶ7つの理由
USDのお客様
コア技術
製品紹介
μVAX
SA600
MetalLister
μPixerII γPixerII
主力製品展開例
製品一覧
企業情報
お問い合わせ
FAQ
画像処理キーワード
リクルート
アクセス
車いすテニスサークル
協同組合Sia神奈川リンク
USD News
おひさま農園
製品情報-主力製品紹介
μVAX展開システム(μVAX応用"システム展開製品")
μVAX展開システム例
液晶基盤セル検査システム
 このシステムは、32インチUXGA液晶パネルをXYステージによる移動及びZ軸によるオートフォーカス動作をさせながら、カメラ付き顕微鏡にて各セルを1つずつ連続的に検査し、不良セルを後工程のレーザーリペア装置にて修復するためのものです。
 大型液晶パネルの微小部分(セル)を顕微鏡にて拡大検査する必要上、Z軸を使用したオートフォーカス制御が必須となり、その上、対象となるセルもパネルあたり1億個以上となるために高速対応がシビアに求められるシステムです。
シート検査システム(Super Inspector)
 このシステムは、印刷物全般・袋とじにされた商品包装袋(チャク袋)・シール関連品等における印刷状態、カッティング面、配置位置等を検査したり、打ち抜き型絶縁材において抜いた型通りに作られているかを検査したりするのに使用されます。図例はチャク袋(商品個装用袋)における検査例で、印刷面、チャク袋の位置、蒸着の幅、チャク袋エンドの切れ具合、綴じ代のスペース、袋コーナーのカッティング状態等を一度に検査します。カット前の連続シートの段階での自動目視検査は比較的容易ですが、このシステムに置いては最終品の検査が要望される為に「カット後の個装袋を検査する」こととなり、ボックス部へ袋が上から供給されるために、下部より1枚ずつ取り出す機構をNC装置としてシステム化しなければならず、難易度の高い開発にチャレンジしています。
大葉検査専用システム(Super Inspector)
 図例で紹介されている例では大葉を大きさにより4種類に分類し選別したりしています。一番の課題は生産性を上げるための選別スピードの高速化で、最終的に4枚/秒を目指しています。又、システム全体としては、大葉が大量に入れられたボックスからどのように葉を一枚ずつ取り出して検査・選別を可能とするかの設計がチャレンジを要する部分です。実際の生産ラインで使えるところまでをご提案、開発している一例です。
このページのTOPへ
Copyright (C) 2006 USD. All Rights Reserved. プライバシーポリシー サイトマップ