ユーエスディ株式会社 ユーエスディ株式会社
HOME > 製品紹介 μVAX
USDを選ぶ7つの理由
USDのお客様
コア技術
製品紹介
μVAX
SA600
MetalLister
μPixerII γPixerII
主力製品展開例
製品一覧
企業情報
お問い合わせ
FAQ
画像処理キーワード
リクルート
アクセス
車いすテニスサークル
協同組合Sia神奈川リンク
USD News
おひさま農園
製品情報-μVAX
μVAXの特徴 Hardware Specifications Software Library
"オールインワン"カラー画像処理制御装置 μVAX


 画像処理装置とNC制御装置が一体化しました。生産現場における目視検査等の自動化・・・「形状・大きさ・濃淡・色の識別」による良否判定から識別までがこれ一台で全て可能になりました。これまでの既製品画像処理装置のように、パソコンに軸制御ボードやI/O制御ボード・シーケンサ等を取り付ける手間は必要ありません。即戦力としてこのままご利用いただけます。
画像処理制御装置 μVAX(マイクロバックス)
μVAXの特徴
これ一台で全ての機能が揃う!
 メインコントロール部、シーケンス処理部、画像処理部、NC制御部、汎用入出力部、表示制御部、カメラ入力制御部、イーサネット通信部、LON通信部など、 画像処理システムに必要である全ての機能を1枚のボードに集約しました。これによりシステムを作り上げる際に必要であった手間から解放されると同時に効率性が向上、 これまでにない高速性能・高いユーザビリティ性・そして投資金額の低価格化を実現しました。 画像処理システムに必要な機能が一枚のボードに集結
カラー高精細カメラ対応
 標準カメラから高精細カメラ、倍速カメラ、ラインカメラ、CMOSカメラまで4チャンネル対応でこの1台で手軽におこなえます。 1枚のボードで4台のモノクロカメラを制御することも可能ですので様々な用途にお使いいただけます。
リアルタイム高速処理
 μVAXの高速処理は様々な技術の組み合わせで成り立っていますが代表的なものが「機器のワンボード化」「FPGAテクノロジー」「リアルタイムOSの自社開発」「ハードウェア、ソフトウェアの融合によるリアルタイム処理」です。

 ワンボード化により複数機能部とのデータのやりとりに伴うオーバーヘッドの問題が解消、それに加え、技術経験を蓄積してきたUSDが実装をおこなうことで効率の高いデータ処理が実現します。 さらにFPGAテクノロジーを採用することでソフトウェア処理をハード化でき、リアルタイム処理が可能になり処理速度が飛躍的に向上しています。 なお、自社開発されたリアルタイムOS及びソフトウェアとハードウェアの最適化によりさらなる高速化を促進、優れた高速性能を実現しています。
低価格
 μVAXならハードウェア構成が全てカバーできるため、従来の約半分のハードコストで済みます。 その上、高い操作性能をお求めの場合でも豊富なソフトウェアリブラリーがあるために、カスタマイズに要する開発費はわずかで済みます。
個々の生産現場に合わせたカスタマイズ
 主要部であるワンボードもステージ制御軸数、エンコーダ数、I/O等もシステムに合わせて必要な数だけ組み込めるアーキテクチャーを採用しています。 現場での操作性能に関してはFPGAテクノロジーが強い味方です。幅広い検査対象に対応できるソフトウェアライブラリーをご用意して必要なものだけをボード上にセット、 その上、それぞれの現場で不足する機能をカスタム開発することで完全なユーザビリティを実現しています。
現行の検査工程にそのまま外付け可能
 オールインワンタイプのワンボックスですからパソコンを使用する既製品を使用したシステムに比較して約1/3の省スペースで設置可能です。 10.5インチ液晶モニター表示装置が標準装備、モニター上にはタッチパネルの入力装置を採用しているために現在の生産ラインに違和感なくそのままセッティングいただけます。
様々な種類の入出力装置・外部記憶装置と接続可能
 様々な種類の入力装置からのデータを受け入れることができ、データの外部転送、外部保管もスムーズにおこなえます。
インターネットにより遠隔操作やデータ転送も可能
 この機能により、離れたところからシステムの動作状態を監視することができます。また、ソフトウェア、ファームウェア等のバージョンアップも遠隔からの集中管理でおこなえます。
パソコン使用の問題点からも解放
 μITRONベースにリアルタイムOSも自社開発、パソコン不要のシステムですので安定供給が可能であり、不具合対応の心配ももうありません。 パソコン使用の最大の問題点「ハードディスク・クラッシュ」「フリーズ」「ハングアップ」からも解放され、連続稼働につきものの不安はもうありません。
このページのTOPへ
Hardware Specifications
仕 様 μVAX-・(U2574)仕様
処理部 CPU SH-4(日立SH7750)/200MHz
メモリ フラッシュROM 16Mbyte Max
SDRAM     64Mbyte Max
ビデオメモリ   8Mbyte Max
フレームメモリ  2Mbyte Max
画像入出力部 ビデオ入力 NTSCビデオ信号4ch
カメラリンクI/F
対応カメラ ・カラーカメラ(640*480*RGB)
・高精細カメラ(1024*1024)
 (Teli CS3910H)
・倍速カメラ(640*480)
 (Teli CS8530D)
・標準カメラ(640*480)
 (外部同期カメラ)
・ラインCCDカメラ
・CMOSカメラ
カメラ外部トリガ出力 シャッタートリガパルス出力
(パルス幅によりシャッタースピード制御が可能)
フラッシュトリガ出力 フォトカプラアイソレーション出力1点
表示部 外部トリガ入力 フォトカプラアイソレーション入力1点
モニタ 10.4''TFT液晶カラーモニタ
タッチパネル 抵抗皮膜式タッチパネル
キー メカニカルキースイッチ9個
ポインティング
デバイス
トラックボール
外部I/F シリアルI/F RS232C/RS485 I/F:4Ch.
Lon通信I/F(拡張I/O)
イーサネットI/F(10/100Base TCP/IP)
パラレルI/F 入力32点 出力16点
入力:フォトカプラアイソレーション入力32点
出力:フォトカプラアイソレーション出力16点
モータ軸制御I/F 最大4軸まで制御可能
動作環境等 電源 AC100V 150VA
使用温度範囲 0℃〜40℃
使用湿度範囲 90%以下(結露なきこと)
寸法 外形寸法 W370mm×H240mm×D120mm(パネルインタイプ)
このページのTOPへ
Software Library
エリア計測 面積・重心・フィレ径
ラベリング計測 ラベリング・ラベルソート・全ラベル面積・全ラベル重心・全ラベルフィレ径・特定ラベル面積・特定ラベル重心・特定ラベルフィレ径
フィルタ 平滑化・鮮鋭化・膨張・収縮
画像間演算 AND・OR・加算・減算
二値化 変換テーブルによる密度交換・二値化・反転
ヒストグラム ヒストグラム・濃度投影(X方向・Y方向)
初期化関係 セットアップRS232C・DMAコントロールレジスタ・ビデオメモリ・フレームメモリ・メインメモリ
描画処理 ピクセルON/OFF・直線・円・ANK・文字・漢字
シリアル通信 1行送信・1行受信・受信チェック・1文字送信・1文字受信
DMAチャネル制御 チャネル指定・データ数指定・データ転送
画像転送 DMA転送・プログラム転送・カメラ画像取込
画像出力 オーバーレイ機能・動画/静止画切替・モニタ出力ON/OFF・カラーパレット設定・表示位置設定
外部入出力 LED表示・スイッチ読み取り・32点パラレル入力・16点パラレル出力
このページのTOPへ
Copyright (C) 2006 USD. All Rights Reserved. プライバシーポリシー  サイトマップ