ユーエスディ株式会社
HOME > USDを選ぶ7つの理由 > 高いユーザビリティ
USDを選ぶ7つの理由
システムをトータルに開発
ワンボード・テクノロジー
低価格化&コストメリット
高速処理の実現
高いユーザビリティ
自社ソフトウェア開発
お客様志向の供給思想
USDのお客様
コア技術
製品紹介
企業情報
お問い合わせ
FAQ
画像処理キーワード
リクルート
アクセス
車いすテニスサークル
協同組合Sia神奈川リンク
USD News
おひさま農園
USDを選ぶ7つの理由-完成度の高いユーザビリティ
準新規ボード開発思想(基本開発済ハードウェア + オーダーメード思想)
 お客様の使用環境にジャストフィットするハードを一からフルーオーダーメードで組み上げる・・・これができればベストですが現実的には資金力のある一部の大手企業に於いても、よほどの量産化見込みがないと実現できません。一方、市販品の各ボード及びユニットを集めてシステムを組み上げればコスト面ではある程度のラインに収まる場合もありますが、汎用化されていて沢山の機能があるように見えるもののその装置に必要なものが無い場合が多々あり、「他に余分なユニットが必要になる」「必要な機能を断念しなければならない」等の場合が多いのが現状です。

 これらの双方の欠点を補い、長所のみを取り入れるために、USDでは「準新規ボード開発思想」を取り入れています。これはフルオーダーメードと市販品の間に位置する"ミドルメード"といえる開発思想です。基本的なベースとなるワンボードは全て開発済み、お客様にあわせてカメラ台数の増減、制御モーター台数の変更など、細かな仕様変更がおこなえるようになっています。お客様の装置に最適なシステムに組み替えられること・・・私たちが最も大切にしている設計思想の一つです。
ミドルオーダーという考え方
準新規ソフトウェア開発思想(基本開発済ソフトウェアライブラリー + オーダーメード思想)
 大手市販品の画像処理装置には多数の機能が組み込まれていますが、ハードウェアの置かれている状況と同じように、装置特有に必要とされる機能の追加組み込みはできない状況です。単純な画像処理アプリケーションで満たされる装置の場合は良いのですが、実際には必要とされる機能が無い場合が多々あり、「他に余分なユニットが必要になる」「必要な機能を断念しなければならない」という状況になることが結構多いのが現状です。
「100-1=0」という設計思想
 ソフトウェアに対する私たちの設計思想は「100ー1=0」です。どんなに沢山の処理機能があっても装置に必要な機能が一つでも欠けてしまっては目的の性能を達成する事が出来ません。実際に目視検査等の自動化を必要とする装置は多種多様にわたっており、その為、どれだけ事前に機能を揃えていても決して充分ではないということを私たちは経験しています。
「ミドルメード」という開発思想
 一方、全てのお客様に一からソフトウェアを開発したのでは莫大なコストが発生してしまいます。ここでも私たちが大切にしているのは"ミドルメード"開発思想です。基本開発済画像処理ソフトウェアリブラリーを用意してその中からお客様に必要なものを実装します。そして個々のお客様に不足する機能のみ新たに自社開発して追加する・・・だからお客様には低価格にて、常に不足機能がない状態でシステム全体をお使いいただけます。これも書き換え可能なFPGAテクノロジーを基本に採用する私たちだから可能になるサービスです。

 また必要な機能が全て実装されるので、お客様に置いてはプログラミング等のトレーニングが不要となり、そのままお使い頂ければ良いというユーザビリティ性の高いシステムになっています。
次の理由へ
このページのTOPへ
Copyright (C) 2006 USD. All Rights Reserved. プライバシーポリシー  サイトマップ