ユーエスディ株式会社
HOME > 画像処理キーワード > 二値化処理
USDを選ぶ7つの理由
USDのお客様
コア技術
製品紹介
企業情報
お問い合わせ
FAQ
画像処理キーワード
リクルート
アクセス
車いすテニスサークル
協同組合Sia神奈川リンク
USD News
おひさま農園
画像処理キーワード
二値化処理
二値化とは
 一般的にデジタル化された画像は、1画素の輝度を8ビット(0〜255)の階調で表現しています。この様な画像データを多値画像データとも呼んでいます。これに対して1画素の輝度が1ビット(0又は1)の階調で表現した画像データを二値画像データと呼んでいます。
 上記の多値画像データを二値画像データに変換する事を二値化と言います。
なぜ二値化処理が必要か
 例えば、キズの所は暗く(黒く)なり、そうでない所は明るく(白い)成る物のキズ検出処理を考えた場合、ある値よりも暗い所を"0"とし、明るい所を"1"として二値化すると"0"の塊がいくつ在るかによってキズの大きさを知る事ができ、このキズの大きさによって良否判定が行えます。
 この様に判定が必要な場合において、二値化処理は大変有効な方法であり、色々な画像処理の中で使われています。
二値化の方法
 閾値(ある値)により、閾値以下を"0"にし、閾値以上を"1"に変換して二値化します。この閾値を固定値にした場合、環境の変化及び照明の変化により二値化データが変動する為、最適な値を自動的に算出する必要があります。この最適値を求める方法はいくつかありますが、一般的には判別分析法が用いられています。
判別分析法
 簡単に説明すると多値画像の輝度ヒストグラムを取り、右図の様に谷を閾値にする方法です。
二値化処理例(明るさが変化した時の二値化結果)
取込み画像
(元画像)
二値化画像
(固定閾値)
二値化画像
(判別分析法による可変閾値)
このページのTOPへ
Copyright (C) 2006 USD. All Rights Reserved. プライバシーポリシー  サイトマップ